MENU ▼
税理士法人ASSETS > 週間スタッフブログ > 宮田 義紀「犬山城」
税理士法人ASSETS 私たちは、税務や会計業務、資産形成計画などをお客さまの状況やご相談内容に応じてきめ細かくサポートする専門家集団です。

V

宮田 義紀「犬山城」

2018年10月26日

前回伊勢・名古屋の観光のうち伊勢の感想を書きましたので今回は その続き名古屋の感想を。

名古屋周辺でお城といえば名古屋城が有名ですが、今回はあえて 岐阜との県境にある犬山城に行ってきました。 知名度こそ名古屋城より低いと思いますが、彦根城・姫路城・松本城 と並んで国宝に指定されています。
名鉄犬山駅から徒歩15分ほどの距離で駅からも天守が見えるほどの 距離にあります。

城内の構造は本当に非常にシンプルであり、各階の階段は非常に急で 登り降りが大変です。
天守(4階)から回廊にでることができます。犬山駅の方向からはそれほど の高さとは感じないのですが脇を流れる木曽川方向は高く感本当に怖かった です。 1537年という戦国時代ど真ん中に織田信康(信長の叔父)が建造された もので他の国宝の城と比べると派手さはありませんが当時の雰囲気を感じる ことができました。

犬山城から犬山駅の間には城下町があるのですがそこでお昼に食べた 味噌カツはとても美味しかったです。