MENU ▼
税理士法人ASSETS > 週間スタッフブログ > 小田嶋 桃子「タティングレース」
税理士法人ASSETS 私たちは、税務や会計業務、資産形成計画などをお客さまの状況やご相談内容に応じてきめ細かくサポートする専門家集団です。

V

小田嶋 桃子「タティングレース」

2019年5月31日

週刊スタッフをご覧の皆様、はじめまして。
今年の4月より入社いたしました小田嶋です。
どうぞよろしくお願いいたします。

今月は30度を超える日が続き、5月本来の気温を忘れてしまう程に暑かったですね。
そんな暑い外には出ず、心地よい部屋で趣味に興じておりました。

その趣味というのが、ずばり「タティングレース」です。
もしかしたらご存知の方もいらっしゃるかもしれません。
タティングレースとはレース編み技法のひとつで、歴史はなんと古代エジプトにまで遡るそうです……!驚きです。

2年程前から見様見真似で作り始め、今はもっぱらイヤリングにして楽しんでいます。
ただ、何がきっかけで始めたのか、タティングレースとの出会いが全く思い出せず……。
2年前の私にいったい何が?といった状況です。

写真は私が初めて作ったイヤリングで、結構気に入っています。

使用する道具は、シャトルと呼ばれる糸巻きと糸のたった2つだけ!
なんというお手軽さ!
(私はこの2つにかぎ針をプラスした3つで作っています。)

最近では100円ショップでもシャトルが売られているので、気軽に始められるようになったのではないかなと思っております。
なので!興味がある方は是非、手に取ってみてください。そして作ってみてください。
きっと楽しいと思います!