MENU ▼
税理士法人ASSETS > 未分類 > 竹内 就平「春日部巡業」
税理士法人ASSETS 私たちは、税務や会計業務、資産形成計画などをお客さまの状況やご相談内容に応じてきめ細かくサポートする専門家集団です。

V

竹内 就平「春日部巡業」

2022年9月5日

大相撲の年間スケジュールは大きく分けて2つ。

ひとつは本場所、この成績によって番付が決定します。NHKで中継されている大相撲がこれにあたり、多くの人がイメージする大相撲は恐らくこれで、なじみの深いものだと思います。
年6回、両国国技館のある東京他、大阪・名古屋・福岡で開催されます。

もうひとつは巡業と呼ばれるもので、年6回の本場所の合間を縫って全国各地を相撲興業がまるごと出張するというもので、普段本場所を生で見られない地方の人間にも間近で大相撲を楽しんでもらうのが主目的とされています。

で、その巡業が私の地元、春日部へ来てくれましたのでせっかくだからと観戦に行ってきました。
今回はその様子を写真とともにレポートします。

開催場所は春日部が誇る多目的スポーツアリーナ「ウィングハット春日部」。
バスケットボールのプロリーグの試合やボクシングの世界戦も行われた由緒正しい施設です。

座席指定ですが入場待ちの人々が猛暑の中長蛇の列を。
春日部ってこんなに人がいたんですね。
いわゆるタマリ席 床に直座はつらいので座布団付きです。
土俵は今回のためだけの特設です。
幕内力士が並んですごい迫力です。そして結構いい席です。
横綱とのぶつかり稽古 これが本当の「胸を借りる」というやつ
横綱はやはり立ち振る舞いからしてカッコイイです。

稽古中の力士も登場時場内アナウンスで一人一人しっかりと紹介してくれます
埼玉県出身の力士が登場すると場内から大きな拍手が。

アイドル力士 宇良のタオルを購入。ミーハーです。
ちなみに宇良関登場時もひときわ大きな拍手が上がっていました。
実際に髷(まげ)を結う様子を特別に公開
いよいよ取り組みの開始。
地方巡業は相撲普及が目的なのでエンタメ的なイベントも多いですがここからは真剣勝負です

横綱の豪快な上手投げ!!かっこいい!!

以上、現場からお伝えしました。

—————————————————————————-

大相撲を生で見るのはもちろん生まれて初めてでした。
テレビで見るよりも少しだけ土俵は狭く小さく感じ
テレビで見るよりもはるかに力士は大きくでっかく見えました。

立ち会いで力士同士がぶつかり合うとき、大げさでなく「ドォン!!」と音がします。
人間と人間がぶつかった音とは思えないくらい激しい音がするんですよ。

今回相撲を初めてみて、今度は国技館での本場所を見たいなという気持ちになりましたが、
国技館ではこんなには間近で取り組みを観ることは難しいと思います。(チケットの値段的な意味で)

この距離感で相撲を堪能できるのは地方巡業ならでは。
スケジュールをみると令和4年は関東近辺を回るようです。
令和4年巡業スケジュール – 日本相撲協会公式サイト (sumo.or.jp)

お住いの町の近くへ来た際にはぜひ行ってみてはいかがでしょう。