MENU ▼
税理士法人ASSETS > 週間スタッフブログ > 末次 涼子「必需品」
税理士法人ASSETS 私たちは、税務や会計業務、資産形成計画などをお客さまの状況やご相談内容に応じてきめ細かくサポートする専門家集団です。

V

末次 涼子「必需品」

2019年3月1日

初めまして、1月に入社しました末次と申します。
ブログをご覧の皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

いきなり余談になりますが、税理士法人や会計事務所に就職した場合の表現は入社なのか入所なのか、というのが以前からずっと疑問です。
履歴書に志望動機を書くときの表現なども迷いどころですよね。
どなたか全国の税理士法人・会計事務所向けのアンケートでもしてくれないだろうか、と以前から思っています(だいぶニッチな調査ですが)。

さて、本題。特にテーマはないようですので、初回は私の人生に欠かせない音楽の話題を。

先日、学生時代に(勝手に)師と仰いでいたドラマーの久しぶりのライブに足を運びました。
師匠は相変わらず、すぐ立つ人でした(ドラマーなのに)。

変わらぬ姿を見ることができ、とても素敵な日だったのですが、私はその日致命的な忘れ物をしたのです。
私としては、ライブに行く際の必需品と言ってもいいもの。

そう、『耳栓』です。

久しぶりに耳栓をしないでライブを見たら、やはりライブ後耳鳴りや音がこもる症状がでました。
翌朝には治りましたのでまだ軽度でしたが、治らない本格的な難聴になってしまう可能性もあるようです。

私がよくライブハウスに行っていた頃は、耳栓をするという文化があまりなく、ライブ後の耳の違和感は仕方のないことだと諦めていました。
最近はその日の立ち位置や音の作りによって耳栓を使用するようになり、ライブ後の耳鳴り等の症状がないおかげで、ライブの楽しさをより感じることができるようになりました。

ライブハウスに行く方は、ぜひ音楽を楽しんでいただくためにも、耳栓を持って遊びに行ってください。という音楽好きからのお願いで初回のブログを終わりにしたいと思います。