MENU ▼
税理士法人ASSETS > 週間スタッフブログ > 結城 昌史「オリンピック チケット狂想曲」
税理士法人ASSETS 私たちは、税務や会計業務、資産形成計画などをお客さまの状況やご相談内容に応じてきめ細かくサポートする専門家集団です。

V

結城 昌史「オリンピック チケット狂想曲」

2019年6月28日

さて、皆さんは「TOKYO2020」のチケット 当選しましたか?

私は、運よく「男子サッカー 準々決勝 埼玉スタジアム」が当選しました。

もちろん、開会式、閉会式はハズレた事は言うまでもありません。(まだ、当選したと言う人を聞いていません!)

周りの人に聞いたら、『マイナー競技の予選は当選した』、『否、こんなマイナーなのに外れた』と色々であり、傾向はつかめませんでした。

何分、サッカーは収容人数が多い競技場ですからね!準々決勝と言えば、全部で20万席はあるはずですので。戦略の勝利です。

申し込み期限の時には、『どうせ、当たらねぇし?』と冷めていた息子も、当選の報を聞くなり『スゲー!!』となり、行く気満々です。来年の話なんですけどね。

オリンピック候補選手をスポンサードしている企業は、会社の社員を動員してチケットの申し込みを行ったそうですね。また、各種協会は元選手などに忖度は一切なかったようです。(当たり前ですが)

でも、オリンピックをTVで見ていると、結構、席が空いてるように見えますよね?実際は、当日券の販売もあるようですから、そんなに焦る必要もないかもしれませんね!

さて、次は聖火ランナーに申し込みをしようっと。