MENU ▼
税理士法人ASSETS > 週間スタッフブログ > 総務 榎家「国立科学博物館とチョロメの話」
税理士法人ASSETS 私たちは、税務や会計業務、資産形成計画などをお客さまの状況やご相談内容に応じてきめ細かくサポートする専門家集団です。

V

総務 榎家「国立科学博物館とチョロメの話」

2020年12月18日

先日、上野の国立科学博物館に行ってきました。
小学生の息子が「月の石」を見たいと言うので。
はい。アポロが月から持ち帰ったというあの石です。

私も見たことがなかったので、さっそくホームページにて事前予約を。
ついでに「アソビュー!」(※https://www.asoview.com/)でwebチケットを購入し、準備万端で向かった土曜日。
久しぶりのお出かけに少し気分が上がります。
上野公園を横切り、西郷さんの像も初めてちゃんと見ました。

国立科学博物館に到着。
荷物をロッカーに預けて、さぁ!月の石へ!
わくわくの息子。
そして、いざ、月の石とご対面!

・・・ん?これが?
ただの砂粒・・・(ゴメンナサイ)
私がどんなに頑張っても行けないであろう地球外の地から来た石・・・と遠く思いを馳せてみるも、
近くにあった、どこかに落ちた大きい隕石(中型犬サイズ)のほうがインパクト大。
我ながらまったく失礼な話ですが、勝手に期待して、勝手にがっかりした親子でした。

国立科学博物館は、日本館と地球館の2棟があり、展示内容はボリュームたっぷり。
実は昨年、特別展の「大哺乳類展」を見に来ており、その時に日本館はさらっと見たのですが、
やはり展示物のボリュームの多さに疲労が勝てず、また今度来ようね、となったのでした。
今回はじっくり日本館も見たかったけど、やはりまた今度ね、となりました。
また時間をみつけて行こうと思います。

※昨年の「大哺乳類展」↓

実際はこの5~6倍の空間にあらゆる哺乳類が展示されていました!

さて。

11/27の浜田さんのブログ記事にあった、某名作長編漫画の話ですが。
うちの息子ももれなくはまっております。
最近は折り紙でキャラクターを作るのが好きで、動画を見ながらいろいろ仲間を増やしています。

先日のこと。
不機嫌そうにタブレットを持ってきて、「見れなくなっちゃった」と言う息子。
どうやら動画の接続が切れたうえにフリーズしてしまった様子。

私 「YouTubeで見てたの?」

息子「違う。チョロメ。」

私 「?」

息子「・・・(イライラ)」

私 「・・・ちょ、チョロメ?」

息子「チョ!ロ!メ!(怒)」

私 「ちょっと待って。チョロメって何?」

息子「チョロメはチョロメだよ!シー!エイチ!アール!オー!エム!イー!」

シーエイチアールオーエムイー・・・

C   H   R   O   M   E ・・・

 

!!!

 

 

お後がよろしいようで。