MENU ▼
税理士法人ASSETS > 週間スタッフブログ
税理士法人ASSETS 私たちは、税務や会計業務、資産形成計画などをお客さまの状況やご相談内容に応じてきめ細かくサポートする専門家集団です。

新着情報

総務 榎家「お正月」

2020年1月24日

今年はお正月休みが9日間!
テレビ番のお供に・・・と、数年ぶり、いえ、十数年ぶり?にクロスワードパズルの雑誌を買いました。
そして見事に家族ではまりました。

それぞれの問題にプレゼントが設定されていて、どれか応募しようかな~と見ていたら、、、
「全問応募用紙」なるものが!!
初めて知りました~なんて効率的!

書いてみました↓

※裏面もあります。

お正月なので筆ペン使用。
何でもスマホで出来るこの時代に、アナログ感が気に入りました。
どれか当たるといいな。

ところで、思わず笑った答えが一つ。

「マメトチヨコガトビカウツキ」

「豆とチョコが飛び交う月」

2月ですね。

昨年4月に税理士事務所に入り、初めての繁忙期を経験します。

頑張るぞ。

 

総務 浜田「年始」

2020年1月20日

皆様お久しぶりです。とは言えブログ当番が回ってくるのはあっという間だと感じます。
「デパ地下」「物産展」と来て「年始」となれば…さては初売りか福袋ネタだろうと考えたあなた!

…残念!我が家は寝正月なのです!

しかし一切外出しないのも精神衛生上よろしくないので、映画を見に行きました。
今回はその感想をまとめてみます。

 

『エクストリーム・ジョブ』
チーム解散の危機にあるヘボ揃いの麻薬捜査班が、一発逆転を狙って国際犯罪組織をしょっぴこうと、大物悪党をマークします。
その張り込みのためにフライドチキン店を自腹!で買い上げてしまったことから、数奇な運命が廻り出します。
なんとチキン店が大繁盛してしまい、張り込みに人員を割けなくなってしまうのです。
「じゃあもう…チキン店に転職しちゃう?」という誘惑に屈するのか?それとも警察官としての正義を貫くのか?
彼らの明日はどっちだ?!

◆ 筋立て自体はシンプルですが、犯罪捜査・グルメ・マスメディア・家族・そして意外な伏線と、様々な要素が絡み合い、
それでもスッと理解できる脚本が見事だと思いました。

◆ キャラが立っています。それも主要人物だけでなく、総登場時間が10分あるかないかの彼や彼女の存在感ときたら!

◆ 繰り返しはギャグの基本ですが、畳みかけてきます!苦笑が爆笑に変わるのは時間の問題でした。

◆ アクションにキレがあってかっこいい!女性(の方)が強いのが私好み。

◆ フライドチキンが美味しそう!ニンニクは正義。

◆ ラストの笑顔が最高。正にハッピーエンド☆

◆ 一推し注目ポイント…マ刑事のアイコン。
オードリー・ヘプバーンはエラが張っているのを気にして、写真撮影の時はよく同じポーズをとっていたそうです。

 

『フォード vs フェラーリ』
ル・マン王者のフェラーリにフォードが挑む、ただそれだけの話ですが、経営と美学・スピードと耐久性・役員と現場・仕事と家族・夢と現実等
様々な対立軸を立てることで、重層的な仕上がりになっています。

◆ レースシーンが面白い!効果的な音楽にまんまと煽られ、「速いって楽しい!」と思ってしまいました。

◆ 車が美しい!実は今までフェラーリってチャラいイメージだったのですが、職人の手造りと聞いて
「まるで宝石のようやぁ」と感じるまでに。それだけにクラッシュシーンのショックなことと言ったら…

◆ 美しい家族愛・友愛・仲間の絆が描かれる一方で、フォードの役員の…
いや勿論フィクションとしての演出も多分にあるのでしょうが…。半沢直樹シリーズを思い出しました。

◆ 最大つっこみポイント…そもそもル・マン自体がおかしいでしょう?なんで本当に24時間やっちゃうんだろう???

 

どちらもとても面白い映画でした。久しぶりに映画館で見ると良い刺激になります。
シネコンの様子も興味深く、「最近はこんな風になっているんだなぁ」と館内をうろつき若干不審者気味に。
予告編も全部見たくなるものばかりでした。次は何を見に行こうかな~♪

さて、映画ネタで結びの挨拶と言ったらこれしかないでしょう!(ご存じない世代も多くなってきたようですが…)

いやぁ、映画って、本当にいいものですね!
さよなら さよなら さよなら

総務 中村「年末年始」

2020年1月14日

あけましておめでとうございます。

年末年始は、GWぶりに里帰りをしました。

去年の大晦日は、ひとりでコンビニから買ってきたそばを食べていたら

実家からおいしそうな料理の写真が送られてきて、非常に悔しい思いをしたため

今年は絶対に帰ることを決めておりました。

久しぶりに帰ると、ずっと変わらないように思えた家にも変化があるなあと思いました。

歯ブラシ置きがオシャレになっていたり、タオルが掛け軸みたいに

インテリアとして壁に飾られていたり…?

私の部屋は弟の部屋になってしまい、ほとんど片づけられて

筋トレ器具がたくさん置いてありましたが、カーテンはピンクのままでした。

そして大晦日。

実家で食べた料理の写真です。

食べる前からお腹がいっぱいになり、あまり食べられなかったような気もしますし、

たくさん食べた気もします。

家族と今年の旅行計画もたて、楽しい年末年始になりました。

 

 

 

 

 

宮﨑 あかり「もつ鍋」

2019年12月26日

こんにちは。宮﨑です。

先日友人の自宅でもつ鍋パーティーをしました。

このもつ鍋、ふるさと納税の返礼品で
福岡県小郡市に寄附して頂いたものです。 

もつとスープと締めのちゃんぽん麺、薬味がセットでした。最高です。

おいしすぎてあらかじめ用意していた鍋用ラーメンまでぺろりでした。
ここのもつ、本当に美味しかったです。

皆様もおうちもつ鍋、いかがでしょうか?

小田嶋 桃子「浅草橋へ」

2019年12月20日

 

皆様こんにちは。
3か月ぶりの週刊スタッフということで、お久しぶりです。

普段あまり遠出をしない私ですが、先週の土曜日は違います。
電車に揺られ、浅草橋へ行ってきました。

目的はもちろん!私の趣味には欠かせない、スワロフスキーを買いに来ました!!

よく行く手芸屋さんにもスワロフスキーはあるのですが、欲しいサイズや色がなかったり直感にビビっとこなかったり…というのがありまして。
なので、浅草橋です。
浅草橋にはスワロフスキー専門店があるので私にとっては至高の場所です。

今回は吟味に吟味を重ね、5種類ほど買ってきました。
気分はホクホクです。

他にもあれもこれもと欲しいものを買いながら、ぶらりぶらりと浅草橋を散策し、
家に帰り木を削る。なかなかに充実した1日を過ごせたのではないでしょうか。

ただ、このままでは全く写真がないまま週刊スタッフが終わる。という由々しき事態になってしまうので、新作を1点。

2種類の木を使っており、
外がカエデ、内がローズウッドになっています。
着けたときに内側が見えないように見えないようにと調整していたら気が付けばサイズが大きくなり、とうとう14号ほどにまでなってしまいました…。
気が向くままに作ってしまうのも考え物ですね…。

末次 涼子「忘年会」

2019年12月13日

 

水餃子は飲み物(by友人)
末次です、どうもこんにちは。

忘年会シーズン、皆様の胃腸の調子は大丈夫ですか。
私の場合、友人達との忘年会のほとんどが12月初週に開催されたため、先週は胃腸が悲鳴をあげておりました。
来年は胃腸を労わるスケジュールを組みたいと思います。

そのうちの一日、行きつけの居酒屋での忘年会の画像。

水餃子が好きすぎて、一皿をシェアするのでは足りず一人一皿頼んだ結果です。
食べたい欲が強すぎて全く映えない画像となりました。

あと、忘年会は全然関係ありませんが、相変わらずミーアキャット見に行っています。

前回行った時は凄い行列でゆっくり見られなかったので、タイミングを見計らってまた行きたいと思います。

西田 千尋「少しだけ」

2019年12月6日

皆様こんにちは。

先週末は”少しだけ”特別な休日を過ごしました。

さて、私(お婆ちゃんか!とよく言われるほど)早起きな人間なのですが
11月30日の朝はもうワクワクが止まらず、朝の5時に目が覚めました。

ですが昨今の寒さに勝てず、1時間ほどお布団の中でゴロゴロ…
結局6時頃に活動を開始いたしました。

30日と言えば勿論、イオンのお客様感謝デーですね!
という事で最寄りのイオン(片道徒歩20分)までてくてく。健康になりました。

イオンでお目当ての洗剤や柔軟剤を購入して帰宅した後は、
近所のパン屋さんへとお昼ご飯を買いに行きました。
ここ半年通っているおかげか、最近顔を覚えて貰えました。
これで私も「ここが私の行きつけよ!」とドヤ顔出来る様になりとても嬉しいです。

美味しい昼食タイムを終えた私は電車に乗り込みます。
向かうはJR新宿駅の16番線…そう!水樹奈々さんの巨大看板です!!

この看板を楽しみに、まるでデートをするようなドキドキ感で新宿駅までやってきました。

水樹奈々さんのお隣にはうた☆プリの看板があり、
私の隣にはうた☆プリの看板を激写する女子たちがおりました。

さてさて、前置きはここまでにして、メインイベントはここから始まります。
まさかの前回の週刊スタッフに引き続き、末次先輩とデートの回です。
(一応申し上げますと、今回偶発的に週刊スタッフと日程が重なっただけで、
毎月末次先輩とデートしている訳ではございません。2回目のデートのチャンスを頂いただきました。)

今回はワインも大好きな末次先輩を、知り合いのソムリエがいるお店へと誘い込みました。

新宿駅の小田急改札前で末次先輩と待ち合わせです。
この後、うっかり行き先が違う電車に乗り込んでしまいました…不覚!
そんな電車の行き先も読めない私に対して、優しくフォローして下さる末次先輩…女神オーラを感じました。

お店は駅より歩いて10分程の所にあります。もっと健康になりました。

おや、このおしゃれなお店でワインを嗜んでいるのは…末次先輩ではありませんか!
カッコいいですねぇ。様になってますねぇ。

美味しい料理とワインに舌鼓。
私と末次先輩とのお話に、オーナーのソムリエさんも加わり、会話は弾みます。

“少しの幸せが降り積もると最高の幸せになる”というオーナーの思いが込められたこのお店。
この週末は”少し”どころか”沢山”幸せなことがありました。

そんな幸せな気持ちにして下さったオーナーさんに感謝です。
勿論、休日に私とデートして下さった末次先輩にも改めて感謝です。
またデートして下さいお願いします。

宮田 義紀「琴電」

2019年11月29日

一年を振り返るには少し早いですが、年内最後の担当なので今年の思い出を振り返ります。

旅の目的として観光地巡り、その土地でしか味わえないグルメ、お土産を楽しみにされている方が多いかとかと思いますが、私の場合これらに加え地方のローカル電車に乗るというのも目的の一つとしています。

今年乗ったローカル電車で一番印象に残ったのは高松琴電電気鉄道です。

香川県の高松築港駅から琴電琴平までを結ぶ路線で、全長30キロちょっとで距離としてもかなり短い路線となります。
このような失礼な言い方をするとマイナーな路線になぜ乗りたかったかというと(高松から琴平まではJRもあります)、まずサービス。
以前は非常に評判が悪かったようですが20年ほど前経営が苦しくなり民事再生法の適用をうけ経営陣が変わってからは地元の方や観光客向けに季節ごとにイベントを開催しています。
私が行ったのは7月だったのですがバーバパパとコラボしており座席や壁がバーバパパのキャラクターに覆われていました。

そしてもう一つどうしても乗りたかった理由が、車両が揺れることです。
乗った方の感想をみると都会電車とはまるで違う揺れかたするとの書き込み等が多くみられます。
実際に乗ってみての感想ですが確かに揺れます。普段東京で乗る電車からは想像できないほどに、それも上下に揺れます。
これは、今までローカル電車とも違う新鮮な体験をしました。
もし、乗られる機会がある時は頭をぶつけないよう気を付けてください。

また、高松築港駅のそばに高松城後がありお堀の魚に餌をあげることができます。
お堀なので鯉かと思ったら海に直結しておりお堀には鯛が泳いでいます。
鯛に餌付けできるのも中々できない経験ではないでしょうか。

 

堀 さおり「もうすぐ年末」

2019年11月27日

急に寒くなってきましたね。皆様いかがおすごしでしょうか。

10月から毎週水曜日はお休みを頂いており、ご迷惑をおかけしております。税理士資格の取得のために去年の春から大学院に通っています。いよいよ論文をこの年末までに完成させないといけない、、、。毎週土曜日は、大学院のゼミがあります。ゼミは集団形式で発表が2週間に1回くらいあります。発表に対してゼミ生やOBの方から質問や意見があり、そのあと先生からの質問やコメントという形式です。13:30に始まって普段は19:00か19:30頃終わるのですが、先週は過去最長で終わったのが21:30でした(論文が大詰めの時期のため)。ゼミ生が12人いるので前半と後半に分けていますが、先生やOBの方は長丁場にもかかわらず、ずっといてくださって、本当に感謝です。

今はほぼ毎日学校に行って、自習室で論文書いたり、授業に出たりという生活をしています。論文は1時間とかのすき間時間では全く進まなく、最低でも2時間は確保したいです。文献を読んだり、考えたりしているとあっという間に時間が過ぎてしまいます。1時間くらいしてやっと自分がのってくるので、1時間でやめないといけない時は、あぁ~やっと調子でてきたのに・・・(笑)という感じになってしまいます。

日曜日は、自習室にいるメンバーで休憩がてらお茶にいくこともあります。写真はその時のです。年末まであともう少し、がんばります!

二瓶 公介「湯豆腐」

2019年11月15日

こんにちは。
肌寒くなってきて、暖かい料理が美味しい季節になってきました。
ので、久々に湯豆腐を食べに近くの居酒屋へ。

昆布とかつお節の優しい風味。
薬味はネギとおかかにポン酢をかけて。
一緒に飲むのは一ノ蔵。

美味しいつまみと美味しいお酒で、幸せな時間です。