MENU ▼
税理士法人ASSETS > 週間スタッフブログ
税理士法人ASSETS 私たちは、税務や会計業務、資産形成計画などをお客さまの状況やご相談内容に応じてきめ細かくサポートする専門家集団です。

新着情報

浜手 千尋「美味しい小説」

2019年2月8日

皆さんこんにちは。
浜手です。

少し前に美味しい横浜の記事を書いたばかりだと思ったのですが、
ブログ当番が回ってくるのはあっという間です。

さて、今回は1月に行われたフルオーケストラライブについて
半狂な記事を書こうかと思ったのですが、美味しいものシリーズ(?)ということで
最近読んだ小説について語りたいと思います。

私はアナログ派で、紙の文庫本を読むのも趣味の一つであります。
去年の秋、ふと「最近小説読んでいないな~」と思い立ち、
読書の秋ということで再び積極的に小説を読む時間を設けるようにしました。
(そのタイミングで、文庫本の出し入れがしやすい通勤鞄に買い替えたりもしました。)

私の小説の選び方としては、好きな作者で選ぶこともありますが
本屋さんでブラブラしながら面白そうな小説を探すことの方が多いです。
そして小説を選ぶ基準は勿論、美味しそうな話であるかどうかです。
ごく稀に美味しさの関係ない小説を選ぶこともありますが、それは本当に稀です。

3、4年程前に本屋さんで偶然出会った、ぽっちゃり女の子が主人公の和菓子をテーマにした小説。
第2弾が出版されていたのは前々から知っていたのですが、
なかなか買うタイミングが無く、第1弾を何回か読み直したりしていたのですが
再びやってきた小説ブームにより、ついに第2弾の購入を決意しました。

先日、その第2弾を読みを終えたばかりなので、今はまだ興奮冷めやらぬ状況です。
第2弾は、かなり自分に響く内容であったことと、最終章の舞台に私の故郷が出てきたことです。
本屋さんで偶然選んだ小説に故郷が出てくるなんて、ご縁を勝手に感じてしまいます。

さて、和菓子が出てくる小説を読むと、自然と和菓子が食べたくなってきましたので
今日は温かいお茶と和菓子でおやつタイムとしたいところですね。

今回は特に写真が無いので、いらすとやの和菓子画像をオマケで乗っけておきます。


浜手

堀 さおり「ゲーム大国」

2019年2月1日

「ゲーム」と聞いて何を連想しますか?
ゲームと聞いて思い出した昔の記憶は、ボードゲーム(人生ゲームはかなりの人が遊んだのでは?)やドンジャラ、ファミコン・・・です。どれも懐かしい!数年前は、ポケモンgo
が流行っていましたね。事務所の最寄り駅人形町の出口付近に、時々すごい人が集まっていました。スマホゲーム・・・いっぱいありますね。
スマホゲーム会社の一つに中国のテンセントがあります。中国は日本以上のゲーム大国で、新卒の就職は金融機関よりゲーム会社に人気があるようです。テンセントは、QQやWechatを開発した会社です。SNS、EC、シェアードビジネス、ビッグデータとAIの分野において、世界の最先端を走っています。今回、研修に参加できる機会がありテンセントを訪問してきました。この訪問をきっかけに、Wechatアプリをダウンロードしました。

 テンセントの見学は、左下の部屋から始まりました。左の壁は少し丸みがあり出っ張っています。これは、Wechatアプリを開いたときに出てくる地球です。小部屋や通路を進んで見学をするスタイルで、さすがゲームの会社、アトラクションを進んでいるような気分でした。右上の写真は、会社の中にあるジムで、従業員はお昼休みと定時後の夕方に自由に使用できます。ジムの一つ上の階に見えるのはランニングコースです。そのほかに、卓球台や、体育館、カフェスペース等があ
りリフレッシュできるようになっていました。

 こちらは、テンセントのゲームです。League of Legendsは、アメリカのゲーム会社Riot Gamesが開発した基本プレイ無料ゲームで、Player unkonw’s battle groundsは、韓国のゲーム会社blue hole studioが開発した基本プレイ無料ゲームです。テンセントはriot blueholeゲーム会社を買収して、pcゲームをモデルにして、スマホバージョンゲームを開発しました。テンセントは主に自分でゲームを開発しないで、巨大なユーザーを持っている人気のゲーム会社を買収してゲーム事業を行っています。

 

 

 研修中の楽しみはやっぱりお食事!上の写真は、手のひらサイズほどあるシャコエビの
ビフォーアフター。フライドガーリックがたっぷりのっていて食べ応えがありました。広州タワーが見える川沿いのお店で、たくさん並んだ海鮮から好きなものを選び、調理方法も選べるスタイル。下の写真は、高級感たっぷりのレストラン。研修先の不動産会社の社長が全員にご馳走をしてくれました。中国のお酒、白酒もいただきました。なんと53度もあります!鳩やカエルも今回初めていただきました。
 参加させていただきいろいろな意味ですごくいい経験になりました。

宮田 義紀「急な階段」

2019年1月25日

11月になりますが松本まで観光に行ってきました。
松本を選んだ理由は特急あずさに乗りたいという単純なものです。

正直あずさに乗るが優先でしたので特に目的もなかったのでとりあえず
有名な松本城に行くこととしました。
前回の犬山城のような山城と違い松本城は平城なので松本市の街中に
あり行きやすい立地となっています。
松本城の外見的な特徴はなんといっても色、真っ黒です。そのため外見
から通称「烏城」というそうです。
外から見るだけでなく天守まで登ったのですが階段が本当に急です。
今までいくつか天守まで登りましたが松本城ほど急なものはなかったと
思います。冗談ではなくいつか転落事故が起こるのではと心配になります。
当然ですが降りると時は登りよりも危険を感じます。
正直お年寄りの方には天守に登るのは勧められません。

2日目は松本城の近くのあるJリーグ松本山雅のチーム名となった喫茶山雅
でのんびりと。
その翌週の試合で松本山雅J2優勝・J1昇格が決定、一週ずらして訪れれば
と試合をテレビで見てやや後悔しました。

二瓶 公介「クロコダイルたこ焼き」

2019年1月18日

こんにちは。
12月に池袋で行われたペット関連のイベントに行って来ました。

好きな種類のトカゲ(モトイカブト)や、グラスフロッグと呼ばれる透明なカエル、
うろこの無い蛇(スケールレスのコーン)等を見てきました。
(モトイは大きな水槽が必要なため難しく、グラスフロッグ、スケールレスのコーンはまだまだ手が出ないお値段)

ちょうど時間が合い、麻雀が強い動物好きのおじいちゃんのトークショーも聞いてきました。

写真は出店していた飲食店の暖簾 味は歯ごたえのあるお肉でした。

髙畑 香織「ハリネズミ飼いました」

2019年1月11日

我が家の愛犬はとても寒がりで、毎年冬は洋服を着て過ごしています。

イタリアングレイハウンドという胴が長い犬種のため、
なかなか合う服がありません。

しかし、今年は部屋着を新調しました!
ハリネズミの着ぐるみがラスト1着。まさかのジャストサイズ!
ふわふわの生地でできているため、気に入ってくれたようです。

ちなみに…
部屋着の他に散歩着もあるのですが、
散歩着を見ると机の下に隠れてしまいます(笑)

 

竹内 就平「西の麗華様」

2018年12月28日

今年最後の週刊スタッフは大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンよりお送りします
(皆さん、略称は「USJ」? あるいは「ユニバ」派ですかね?)

さてさて突然ですが、綾小路麗華、という人物をご存知でしょうか?

かの有名なサイバーダイン社、新規開発チーム所属、メディアコントロール主任ディレクター…
なんていったところで、ご存じない方にはなんのことやらサッパリ…ですよね。

綾小路麗華とは、園内のアトラクション「ターミネーター2:3-Ð」の案内役の女性のことです。

アトラクション本編開始前の準備時間に、待機スペースにてアトラクションの説明や注意事項等を案内してくれるスタッフ…なのですが、彼女はただの案内役に留まらず入場したゲストをひたすら軽妙なトークと毒舌イジリで盛り上げてくれます。

いつの回だったかテレビ番組「アメトーク」でも紹介されましたので、それで知ったという方も多いかもしれません。

颯爽と登場し自己紹介を終えたあとで
「ところで皆さま?本日はどちらからお越しでしょうか?」
「遠方からという方はいらっしゃいますか?」
と、ゲストに挙手を求め、すかさずランダムに1人を指名し、
今日どこから来たのかを答えさせる、という恒例のやり取りがあります。

それがまたなかなか痛快なキャッチボールでございまして

ゲストA「山口県から」
麗華さま「山口!あらぁそうなんですか。これはまた地味なところからお越しですわねぇ。」

はい次!

ゲストB「和歌山です!」
麗華さま「まあまあなんともビッミョーーーな所からありがとうございます。どうしてそんなに元気よくアピールしたんでしょうねぇ!? 」

はい他!

ゲストC「千葉!」
麗華さま「まぁまぁまぁ!?それはそれは大変すばらしいことじゃございませんか!
だって、ねえ?そうでしょう?なんたって本日はあちらでなくてこちらに…。」

…てな具合にひたすらゲストをイジり倒し、場内は爆笑の渦に包まれます。
このキャッチボール、というかもはやドッジボール、
あくまでもアトラクションが始まるまでの前座という立ち位置です、が、
正直いって個人的にはこちらが本編といっても差し支えないと思います!笑

USJ内の各エリアにはスリルたっぷり魅力いっぱいのアトラクションが数多あります。
迫力やスリルは他に譲りますが、こんなに笑いに極振りしたイベントは園内にないですよ!
USJに行ったことがないという方、行ったことはあるけどこんなの知らないという方、
機会があればぜひ麗華様にイジられてみてください。

蛇足ですが、千葉のあちらのテーマパークには(少し芸風は異なりますが)
これまたよく喋り倒すウミガメがいますね。

個人的に 「西の麗華さま、東のク○ッシュ」 と呼んでいます。

アトラクション内は撮影禁止ですので、
写真はエントランス正面にそびえ立つ巨大ツリーです。
(申し訳程度のクリスマス要素です)

井藤 隼人 「大好物」

2018年12月21日

井藤です。

久しぶりに食の話題を書かせていただきます。

人形町で勤務してもうそろそろ2年。
ついにあのお店に行くこととなりました。

すき焼きの名店、人形町今半です。
今週末に食べに行くのでまだ現地での写真はありません。。。

私自身「一番好きな食べ物は?」と聞かれたら真っ先に「すき焼き!」と答えるのですがまさかの今半に行くとなったのでとても楽しみにしております。
本来食べに行った後週刊スタッフに感想を書くのが普通な気がしますが楽しみすぎて先に書いてしまいました。

ただ残念なのは、行くのは人形町の本店でなく紀尾井町のお店です。(本店は予約が取れませんでした。)

井藤

江川 祐士 「渋谷ランチデート」

2018年12月14日

本日は当社の若手ホープの竹内氏と一緒に渋谷のお客様の所へ月次のご訪問。
打ち合わせを無事済ませ、ランチタイム。
数多の食事処がある中、私達が選んだのは渋谷センター街にある兆楽という中華料理屋。
少し昭和の雰囲気が残る佇まい。
メニューも豊富で選ぶのに迷います。
私が注文したのは春雨定食。
予想外でしたが、とっても辛く汗だくになりながら食べました。

竹内氏余裕のピースサイン。
写真は竹内氏が注文した焼きそばか何か

さてさて、そのあとは竹内氏が数週間前から心待ちにしていた渋谷マークシティでの抽選会。
ガラガラ福引きチャレンジです。
ヤル気満々。
「当たる気しかしない!!」と豪語しておりました。
いざっ!

 

 

 

 

 

飴が当選しました。

落ち込む竹内氏。
飴がもらえただけありがたいことじゃないかと慰めたことで、どうにか落ち着きを取り戻す竹内氏。
次回は沖縄旅行が当たりますように。
また渋谷ランチしましょう。

江川 祐士

佐藤 浩次 「ふゆがきた」

2018年12月7日

12月に入り、いよいよ冬がやってきました。

朝晩がぐっと冷えて、昼間でも暖かくならない時期です。

大抵の人は寒さ大歓迎ではないと思いますが、

家にも寒さを歓迎しないお殿様がいます。

 

この時期、昼間は太陽の陽射しでまだ暖かく、ご機嫌でお昼寝ですが、

陽が落ちて家の中も寒くなってくると、寒いです~~と訴えてきます。

 

すると暖房器具の出番です。

まずホットカーペット

次にダイソン

最後はやはりエアコンです。

 

今期はまだホットカーペットのみ。

これでも十分あたたかいのです。

 

ポカポカのホットカーペットの上、

大好きな洗濯ネットの中、

お腹を撫でられご満悦。

家のお殿様です。

結城 昌史「ぶらり途中下車の旅?!?!」

2018年11月30日

ながらTVをしているときに、知っている景色が映し出されると妙に興奮することはありませんか?

そんな感じで、とある土曜日の朝、何気なくTVをつけていると、実家の隣町の田園風景が映っているではありませんか。

私の実家は、『関東の霊峰・筑波山』の麓にあります。実家から眺める筑波山は、なだらかな稜線を広げていますが、眺める方角によっていろいろな表情が見られます。

そんな感じで、「ボーッと」しながら、「そうか、あそこからだと、あんな形に見えるのか?」と見ていると、次の場面では、「何か見覚えのある建物だな?(実は、町役場でした。)」そして、次の場面では、写真の建物が「ん?!(実)家じゃん?」となったわけです。

その番組は、「ぶ・ら・り 途中下車の旅」です。

でも、全然、ぶらってないんですヨネ!

なぜなら、わが町に鉄道が通っていないからです(1980年代に廃線になった「関東鉄道 筑波線」がありました)。

番組のアーカイブスで放映された行程を確認すると次のような行程でした。

関東鉄道常総線 下館駅~黒子 ぶらり 車移動 真壁町役場前(約40分)~我が家(徒歩20分)~バス移動 筑波山口(約1時間)~バス移動 下館駅(約1時間 振り出しに戻る)…

車移動の方が多いという、『ぶ・ら・り 途中下車の旅』のご紹介でした。

実は、我が家はTV出演が多く、『アド街(この時は、親父が顔出ししていました)』やドラマのロケ現場にも使われたりしていた古家です。