MENU ▼
税理士法人ASSETS > 週間スタッフブログ
税理士法人ASSETS 私たちは、税務や会計業務、資産形成計画などをお客さまの状況やご相談内容に応じてきめ細かくサポートする専門家集団です。

新着情報

末次 涼子「音響マニア?」

2020年4月6日

音楽へのこだわりが半端ない認定されました。(前週のブログ参照)
末次です。どうもこんにちは。

皆様元気にお過ごしでしょうか。
幸いなことに私や私の周囲は元気に過ごしております。

この自粛ムードの中でのブログ、何を書いても微妙だなと思いながら、普通のことを書こうと思います。

まずは先週のブログにてフリのあったイヤホンの話。
ヘッドホン派なのでイヤホンはそれほど詳しくないのですが…
最近は安いものでも結構質の良いものがあると聞きますし、良いものを見つけたと思えるならとても良い買い物だと思います。

好みや聴くジャンルによって合うものは違うので、良い音を求めるのであれば色々と視聴してみるといいですよ。
そして良いものがあれば私に教えてください。是非。

そんな私は、そう遠くないうちにカスタムIEMを作りたいなと思っていたりするのでなんだか説得力がない気はしています。

音響機器の話で言うと、以前から考えてはいたのですが、自室の音響設備をどうにかしたいという希望も強くなってきました。
ご案内をしております通り、ASSETSではコロナウイルスの影響で在宅勤務をしており、その際にまず気になったことです。
PCやネット環境ではないのか。というツッコミは受け付けません。
一人で作業するなら良い音楽聴きたいじゃないですか。

自室にある音響機器は学生時代に購入したコンポ(MDやカセットが聴ける年代物)のみ。

スピーカーもへたってきていて若干バランスも悪くなっています。

ただ机の配置を考えるとスピーカーの置き場が難しい。
この際サイドに吊るすか。
いや、かなりの補強をしないと地震の時が怖い。
そして本格的なものを買うとしたら防音設備も整えないと多分うるさい。
そうだ、防音設備整えるならドラムも欲しいな。
あー、ドラム叩きたい。
外出自粛要請出ているし、買う買う詐欺をし続けていた電子ドラムを買うタイミングなのではなかろうか。

段々当初の話を忘れてきました。

カスタムIEM、自室の音響機器、電子ドラム

果たして一番最初に買うのはどれでしょうか。
答えが出る日をお楽しみに。
ちなみに当たっても何ももらえませんので悪しからず。

西田 千尋「便利な家電たち」

2020年3月27日

皆様こんにちは。

今年のスギ花粉、強いですね。
確実にレベルアップしていると感じました。

さて、そんな花粉と戦うべく、一人暮らし10年目を目前に、
とある家電製品を購入いたしました。

それがこのコ「加湿空気清浄機ちゃん」です!

決して安くはない買い物ですし、
なんだかんだ部屋の場所をとる為今まで購入に踏み切れませんでした。

ですが、今年はマスクを装着して寝ても、
起きた時に喉にまとわりついているスギ花粉…
これはもう便利家電に頼るしかない!と言う事で
アマゾンでポチッとしてしまいました。

そんなこんなで我が家にやって来た加湿空気清浄機ちゃん、
もう手放せない位愛しています。

さて、このコの魅力をあげていきたいと思います。

①確実に花粉を仕留めてくれている。
空気清浄機としての役割を十二分に発揮してくれております。
このコが我が家にやって来た夜、
私はマスクをつけないで寝てみました。
するとどうでしょう、次の日の朝…
喉に違和感が全くありません!!
なんと素晴らしい働きっぷり。

②結構加湿もしてくれる。
このコがやってくる前まで、
我が家の湿度は基本的に20%以下(湿度計の表示は常に「Lo」)
家の中で、友人とバチッと静電気は勿論のこと
シンクの蛇口からもバチッ、更には蛇口から出た水からもバチッ
あろうことかシンク本体ともバチッ
もうキッチンに近づく事すら恐ろしくなりました。
そんなキッチン恐怖症から、このコは私を救ってくれたのです。
今では我が家の平均湿度は50%、静電気とはオサラバです。

さて、私の加湿空気清浄機ちゃんへの愛が皆様にもお分かり頂けた所でもう1つ、
最近我が家にやって来た新しい家電仲間がおります。

「ワイヤレスイヤホンちゃん」です。

私以前まで、ワイヤレスイヤホンを着けながら歩いたら
その内耳からポロッっと外れてしまうのではないかと不安を感じておりましたが、
全くそんな事はありませんでした。
むしろ、着けながら走っても全然落っこちないです!(感動)

とは言え、この2,000円でお釣りのくるイヤホンをブログに載せたら、
音楽へのおこだわりが半端ない末次先輩に鼻で笑われるかもしれません。(来週のブログをお楽しみに)

高かろうと安かろうと、いやー買って良かった!と満足気な西田でした。

西田 千尋

堀 さおり「コーヒーハンター」

2020年3月19日

食後にコーヒーが飲みたくなるという方は多いですね。私もその一人で、職場にコーヒーを持っていき、昼食後にほぼ毎日飲んでいます。午後の日課()

 小学生の低学年の頃からすでにコーヒーが好きでした。ただ、「背が伸びなくなるから」とコーヒーは飲ませてもらえず、牛乳にインスタントコーヒーをほんの少し溶かしたもの(コーヒー風味牛乳??)を飲んでいたのを思い出します。

  先日、神保町にあるミカフェート(MI CAFETO)へ行ってきました。コーヒーハンターの川島さんが世界中の農園から厳選したコーヒーが飲めます。この日はSMSan Miguel)とAMAntonieta Maragogype)をいただきました。コーヒーを注文するとそのコーヒーについての説明書(コクや酸味、どんなフレーバーか等)が一緒についてくるので、それを読みながら味わえます。飲んだ瞬間、これまでに味わったことのない透明感、すっきりした味を感じ、なんておいしいのだろう!!と思いました(コーヒーに詳しい訳ではないし、フレーバーはあまりわからなかったけど())。

ミカフェートを知ったのは、タイのDoi Tung(ドイ トゥン)コーヒーが日本でも飲めるカフェがあると聞いたのがきっかけでした。

ゴールデン・トライアングルと呼ばれたタイ北部のミャンマーとラオス国境地帯では、アヘン栽培で生計を立てていました。治安は悪く、貧困と環境破壊が広がっていました。
1972年、タイのプミポン国王の母君・シーナカリン王太后が貧しい人々を助けるために設立したメーファールアン財団が、1988年に「ドイトゥン・プロジェクト」を開始しました。ミャンマー国境沿いの貧しい地域で雇用を創出し、貧困問題を解決する目的で始まりました。最終目標は、彼らの生存だけでなく、自立と幸福を確保すること。プロジェクトでは、植林で農業に必要な土壌と水を取り戻したほか、コーヒーやマカデミアナッツ、切り花など付加価値の高い作物の栽培を始めました。独自ブランドで製品も販売し、2000年以降は4つの事業からの収入だけで自立運営しています。今、彼らはもうアヘンや人身売買に頼らず、合法的な生活をしています。

12月の初めに、大学院の研修でタイに行きました。その際の訪問先の一つがメーファールアン財団でした。

宮田 義紀「寝台列車とウサギ」

2020年3月13日

昨年12月、以前から行ってみたいと思いながら、なかなか行くことが出来ていなかった旅に
遂に行くことができました。

どの様な旅かというと、目的地は出雲なのですが往復を「サンライズ出雲」を利用して行く
というものです。

ご存知ない方も多いかとは思いますがサンライズ出雲とは、ブルートレイン等が廃止された
現在唯一毎日運行されている寝台列車となります。
人気のある路線であり特に金曜日夜発のものは、チケットが非常に取りづらいのですが運よく
とることができました。

下りは東京駅を22時に出発、出雲市駅に翌朝958分に到着。片道おおよそ12時間の旅です。

「サンライズ出雲」で往復するというのが主な目的ですが、出雲市まで行ったのですから当然
出雲大社の参拝もして参りました

出雲大社についてあらためて記載するようなことはないのですが、境内には因幡の白兎の話から
ウサギの像がたくさんあります。

その中で私が一番気に入ったものは、野見宿祢神社(怪力の持ち主で相撲の神として伝えられて
います)のウサギ。

写真をよく見ていただくとわかるのですが、他のウサギと違いまわしを締めています。

参拝の後出雲そばを食べ出雲市を1851分出発、東京駅78分着の「サンライズ出雲」にて
帰ってきました。

32時間のうち24時間を寝台車ですごすという旅ですので人にはお勧めできませんが、私は楽しむ
ことができました。

高畑「とちおとめ」

2020年3月3日

JA佐野が経営するいちご農園『アグリタウン』に行ってきました。

13時頃に到着したのですが、3連休ということもあり、
いちご狩りの方々でとても賑わっていました。

佐野ラーメン屋さん、お蕎麦屋さん、広い駐車場もあるので、観光の方が多い印象です。

物産館では、地元産の新鮮な野菜や果物のほかに、市内の特産品などが販売されています。
今回のお目当て『とちおとめ』を無事に購入。

隣の小屋を見ると“季節のおすすめジェラート「生いちごみるく」”の看板が!

いちご狩り参加者の待合所を抜け、ジェラート販売所へ。
目の前で凍らせたいちごとミルクジェラートを混ぜて、最後に生いちごを乗せてくれました。

アグリタウンへ行くのは10年ぶりくらいでしたが、相変わらず素敵な場所でした。

竹内 就平「河口湖へ」

2020年2月21日

先週末、1泊2日で河口湖へ家族旅行に行ってきました。
兄の一家4人、姉の一家5人、両親と私を入れて総勢12名の大所帯。

「孫に雪遊びをさせる」というコンセプトのもと
両親が発案(企画は結局息子たち…)したツアーです。

最近はもっぱら一人旅を楽しんでいた私。
家族全員で旅行なんて10年ぶりくらい?でしょうか。

私が3人兄弟の中で唯一独り身ということもあり、
あまりこういう家族旅行にはついていかないことが多いのです…。
(家族仲が悪いとかではないです、念のため…!)

が、今回のコンセプトには大いに感銘を受けたため
はりきって同行することにしたのでした。

…雪遊びがしたいのは必ずしも子供だけでは無いということです。

さすがの河口湖ということでどこにいても背景は富士山。
それでいて天気にも恵まれロケーションとしては最高です。

さて、冒頭の通り当旅行のメインイベントは富士山のふもとのスキー場での雪遊び
自分もスノーボードを一式レンタルしてゲレンデを駆け回る(転がる)ことにしました。
(なおスノーボードも8年ぶりというレベルです)

それと、あまり河口湖に雪深いイメージはなかったのですが、
この暖冬のさなかにおいても雪はわりと豊富で。
ところどころ人工雪で整備もされているのでしょうが、
スキーもスノボも問題なく楽しめるコンディションでした。

なぜかとっても遠くから激写されたボーダー竹内。
よくみると小さい姪っ子を抱っこしながら滑っています。

本来は二日間めいっぱい雪遊びの予定でしたが
あいにく翌二日目は河口湖周辺一帯は豪風豪雨。
ですので私はバスでゆっくりと樹海まわりを観光していました。

子どもたちはとても残念そうにしていましたが、
私の方は初日滑っただけで体中バッキバキでしたのでちょうどよかったかも。

それでも久々のスノーボードでウィンタースポーツ熱がまた沸いてきました。
今シーズンはもう難しいかもしれませんが、
再びゲレンデを求めて深夜バスに乗り込む日が来る…かもしれません。

竹内 就平

井藤 隼人「猫机」

2020年2月14日

井藤です。

最近引っ越しまして机を買いました。

ネットからの写真ですが、なんと猫にも嬉しい、飼い主にも嬉しい机です。

我が家の猫がこの机に入りますと、

こうなり、

中はこうなっています。

かわいいです。
買ってよかったです。
毎日癒されています。
飼い主の方が喜んでいます。

そういや初登場ですが、名前はハルです。
推定3歳です。(野良猫だったので正確にはわかりません。)
好きなものは赤い紐とメタボリックコントロールのターキー味のカリカリご飯です。(一時期食べさせすぎてメタボリックコントロールなのに太りました。)
(今の家は畳の部屋がありませんが)前の家に畳の部屋があり、よく畳の上でゴロゴロしていたせいか未だに畳の香りがします。

井藤

結城 昌史「日本橋七福神とロケ地巡り」

2020年2月7日

立春も過ぎましたが、まだまだ寒い日が続くようです。
さて、弊社の事務所周りの正月風情のご紹介です。

事務所のすぐご近所には、「小網神社」があります。日本橋七福神として福禄寿と弁財天が祀られています。
ご存知の通り、福禄寿は福徳長寿の神であり、弁財天は商売繁盛の神です。事務所の所在地としては何か縁起の良さを感じます。
七福神ですから、他の神社もあるわけですが、小網神社は特に人気があるようです。三が日は1時間は優に超えるほどの待ち時間を要します。
正面に社殿、右手には神楽殿があります。総欅造りの重厚な趣のある寺社建築です。一度、お立ち寄り頂ければと思います。

 

また、最近では、寺社巡りの旅行者だけでなく、ロケ地巡りの方も多く見かけます。
弊社近くの某所は、‘19年秋に放送された三ツ星獲得を目指すというドラマで、メインに近いロケ地となっていました。
ロケ現場には遭遇しましたが、残念ながら出演者の方を見ることは出来ませんでした。
内装は、ほぼそのまま利用されていたと思います。昼間はカフェにもなっています。

 

 

もう一か所は、現在放送中のドラマでロケ地となった裏通りです。裏通りですが、小料理屋が軒を並べています。最近新しいお店もオープンしました。

人形町はチェーン店の飲食店ではなく、昔からの大店(浜田家・日山・今半)もありますが、最近では、少し小ぶりですが特徴を生かしたお店が増えてきているように感じます。
弊社からのお帰りに散策してみてはいかがでしょうか。

佐藤 浩次「春めいてきました」

2月になると寒さはいつまで・・・と気になってきます
先日近所を歩いていると
新鮮で心地よい香りが漂ってきました
何の香りだろうと見上げると
白い梅が5分咲き

そうだった!
梅の香りだ!
周囲がまだ冬の景色の中
一帯の空気を和ませながら鮮やかに際立って見えました
まだまだ寒い季節から咲き始め
その姿と香りで
寒さに強張っていた目も心もほっとひと時和ませてくれます
季節の移ろいは見ていると案外おもしろいものです
心にゆとりが持てるようになると
いろいろと気が付くことができるのかもしれません

総務 榎家「お正月」

2020年1月24日

今年はお正月休みが9日間!
テレビ番のお供に・・・と、数年ぶり、いえ、十数年ぶり?にクロスワードパズルの雑誌を買いました。
そして見事に家族ではまりました。

それぞれの問題にプレゼントが設定されていて、どれか応募しようかな~と見ていたら、、、
「全問応募用紙」なるものが!!
初めて知りました~なんて効率的!

書いてみました↓

※裏面もあります。

お正月なので筆ペン使用。
何でもスマホで出来るこの時代に、アナログ感が気に入りました。
どれか当たるといいな。

ところで、思わず笑った答えが一つ。

「マメトチヨコガトビカウツキ」

「豆とチョコが飛び交う月」

2月ですね。

昨年4月に税理士事務所に入り、初めての繁忙期を経験します。

頑張るぞ。