MENU ▼
税理士法人ASSETS > 週間スタッフブログ
税理士法人ASSETS 私たちは、税務や会計業務、資産形成計画などをお客さまの状況やご相談内容に応じてきめ細かくサポートする専門家集団です。

新着情報

宮田 義紀「琴電」

2019年11月29日

一年を振り返るには少し早いですが、年内最後の担当なので今年の思い出を振り返ります。

旅の目的として観光地巡り、その土地でしか味わえないグルメ、お土産を楽しみにされている方が多いかとかと思いますが、私の場合これらに加え地方のローカル電車に乗るというのも目的の一つとしています。

今年乗ったローカル電車で一番印象に残ったのは高松琴電電気鉄道です。

香川県の高松築港駅から琴電琴平までを結ぶ路線で、全長30キロちょっとで距離としてもかなり短い路線となります。
このような失礼な言い方をするとマイナーな路線になぜ乗りたかったかというと(高松から琴平まではJRもあります)、まずサービス。
以前は非常に評判が悪かったようですが20年ほど前経営が苦しくなり民事再生法の適用をうけ経営陣が変わってからは地元の方や観光客向けに季節ごとにイベントを開催しています。
私が行ったのは7月だったのですがバーバパパとコラボしており座席や壁がバーバパパのキャラクターに覆われていました。

そしてもう一つどうしても乗りたかった理由が、車両が揺れることです。
乗った方の感想をみると都会電車とはまるで違う揺れかたするとの書き込み等が多くみられます。
実際に乗ってみての感想ですが確かに揺れます。普段東京で乗る電車からは想像できないほどに、それも上下に揺れます。
これは、今までローカル電車とも違う新鮮な体験をしました。
もし、乗られる機会がある時は頭をぶつけないよう気を付けてください。

また、高松築港駅のそばに高松城後がありお堀の魚に餌をあげることができます。
お堀なので鯉かと思ったら海に直結しておりお堀には鯛が泳いでいます。
鯛に餌付けできるのも中々できない経験ではないでしょうか。

 

堀 さおり「もうすぐ年末」

2019年11月27日

急に寒くなってきましたね。皆様いかがおすごしでしょうか。

10月から毎週水曜日はお休みを頂いており、ご迷惑をおかけしております。税理士資格の取得のために去年の春から大学院に通っています。いよいよ論文をこの年末までに完成させないといけない、、、。毎週土曜日は、大学院のゼミがあります。ゼミは集団形式で発表が2週間に1回くらいあります。発表に対してゼミ生やOBの方から質問や意見があり、そのあと先生からの質問やコメントという形式です。13:30に始まって普段は19:00か19:30頃終わるのですが、先週は過去最長で終わったのが21:30でした(論文が大詰めの時期のため)。ゼミ生が12人いるので前半と後半に分けていますが、先生やOBの方は長丁場にもかかわらず、ずっといてくださって、本当に感謝です。

今はほぼ毎日学校に行って、自習室で論文書いたり、授業に出たりという生活をしています。論文は1時間とかのすき間時間では全く進まなく、最低でも2時間は確保したいです。文献を読んだり、考えたりしているとあっという間に時間が過ぎてしまいます。1時間くらいしてやっと自分がのってくるので、1時間でやめないといけない時は、あぁ~やっと調子でてきたのに・・・(笑)という感じになってしまいます。

日曜日は、自習室にいるメンバーで休憩がてらお茶にいくこともあります。写真はその時のです。年末まであともう少し、がんばります!

二瓶 公介「湯豆腐」

2019年11月15日

こんにちは。
肌寒くなってきて、暖かい料理が美味しい季節になってきました。
ので、久々に湯豆腐を食べに近くの居酒屋へ。

昆布とかつお節の優しい風味。
薬味はネギとおかかにポン酢をかけて。
一緒に飲むのは一ノ蔵。

美味しいつまみと美味しいお酒で、幸せな時間です。

高畑「食べ納め」

2019年11月13日

我が家は犬中心の生活なので、休日のお昼はカフェでランチをします。
最近の行きつけは、駅前にあるカフェです。

カフェができる前は昔ながらの写真館で、
就活用の証明写真を撮りに来た大学生の頃が懐かしいです。

足利産の二条大麦とぶどうの絞りかすを食べて育った
『足利マール牛』のローストビーフがオススメです。
野菜やお惣菜も買うことができます。

残念ながら犬用のメニューは無いので、大人しく待っていたご褒美は食後のプリンです。
テラス席なので、春と秋だけのお楽しみです。
今から春が待ち遠しいです。

竹内 就平「超自由ひとり旅 ~讃岐・伊予編~」

2019年11月1日

しおかぜ、いしずち、あしずり、うずしお、しまんと…

この並びにピンときた方は四国のご出身か、
またはかなりの鉄道オタクでしょうか。

当スタッフブログをご覧になっているのは関東の方が多いでしょうから、
あまりなじみのない方がほとんどかと思います。

 

 

10/22、神戸で開催されるWEAVERの10周年ライブ(新着情報参照)に向かうその前、
四国一日ひとり旅を企画し、ぼっちで香川・愛媛の各所を回ってきました。

普段は旅行というと現地でレンタカーを使う事が多いのですが
今回は一人という事もあり移動手段は船、鉄道、徒歩のみ。
(今流行りのドラクエウォークも捗ります…)

特に四国内の移動は鉄道がメインとなりましたが、そこで利用したきっぷはこちら。

週末の1日だけJR四国内のすべての列車が乗り放題になる周遊きっぷ。
何より素晴らしいのは、特急電車も(指定席でなければ)自由に乗り降りができるという点です。

冒頭のひらがなの羅列、実はすべてJR四国管内を運行する特急列車の名前です。

新幹線の通らない四国ですが、在来線の鉄道事情はかなり充実。
高松や松山、高知、徳島といった主要駅間では
ほぼ1時間に一本ペースで上記の特急電車が運航されているのです。

さらに写真の週末乗り放題きっぷの他にも

誕生日月の3日間、同様の条件で乗り放題になる「バースデイきっぷ」(9,680円)
任意の連続4日間、グリーン車含め乗り放題の「四国グリーン紀行」(20,950円」

…など、お得な切符もかなり多く取り揃えており、
列車での移動をする観光客にとても優しいシステムになっています。

※平日は地元民の通勤通学の需要に応える形で、
特急に乗れる定期券なるものも存在するそうです。何と優雅な…。

そして今回の旅程、この乗り放題切符を目いっぱい活用したものとなりました。
前日深夜発、神戸三ノ宮からのフェリーで朝6時前にまずは高松に到着。
そこから数回うどん休憩をはさみつつ、琴平や丸亀などに立ち寄り、
午後は特急2本を乗り継いで宇和島まで一気に飛び、
折り返しで松山に立ち寄ったのち、東伊予から再度フェリーに乗り込み大阪へ帰るという行程。

お察しの通り旅程のほとんどは移動時間で占められます。
特急列車での移動は快適で素晴らしいですが、乗換の問題などで非常に時間がタイト。
松山ではせっかく道後温泉に行ったのにもかかわらず、
帰りの電車に間に合わないので入浴せずに去るという…。

しかしながら温泉街へ行き温泉に入らず帰る
無茶な乗継時間を全力疾走でカバーする、等々…
同行者がいるとなかなかこんなやりたい放題はできません。
身一つで自由奔放に動き回れるのが一人旅のよいところです。

寒くなってくると手荷物がかさばってくるので少し熱が冷めるのですが、
今年のうちにもう1回くらいは一人旅を企画したいですね。

竹内 就平

井藤 隼人「ドライブイン鳥」

2019年10月25日

井藤です。

先日、友人の結婚式で佐賀県の伊万里に行って参りました。
その結婚式の二次会のビンゴ大会で2等の景品を取ることができました。
その景品が

このドライブイン鳥Tシャツです。

どうやら伊万里市民もしくはアニメ好きにはたまらないTシャツらしいですが私にはまるで分らず、景品の紹介の時も周りの伊万里出身の方々は驚いていましたが私はひたすらポカーンとしていました。

ここでドライブイン鳥の紹介を。

ドライブイン鳥。
通称”D鳥”
伊万里のソウルフードのお店であり、伊万里出身の者の登竜門であるお店。
レジェンド的なお店で小学校や中高の部活の打ち上げでは必ずと言っていいほどよく使っていた。
Youtubeで検索したらダンスの動画が出てくる。(伊万里の友人より)

福岡の糸島と百道というところにもありますので九州の行った際は是非とも行ってみてください。
私も今度行ってみようかと思います。

井藤

佐藤 浩次「金木犀」

2019年10月18日

台風19号、みなさまの周りで被害にあわれた方はいらっしゃいませんでしょうか?

15号に続いての来襲でしたが今回は水害が多かったように見受けられました。

被災された方々へお見舞い申し上げます。

 

台風が過ぎ、すっかり涼しく(寒く?)なってきました。

この時期はどこからともなく甘い香りが漂ってきます。

金木犀

学術的名はオスマンサスと呼ばれることから香水の名前に「オスマンサス」とつけられていることが多いようです。

 

私が小学生のころはお手洗いの近くに植樹されていたり、芳香剤として販売されていたりとあまりよいイメージはありませんでしたが、そのうっとりとしてしまう香りはとても好きでした。

成人してからは中国の桂花陳酒、桂花茶などを知りマイナスイメージはなくなりましたが。

 

自宅には季節ごとの花が咲くように植物を育てているのですが、今はまさに金木犀。

周辺地域はもちろん、窓を開けると良い香りが風に乗って室内に香ります。

花の命は短いもので間もなくオレンジ色の絨毯が敷かれるとまた1年後のお楽しみです。

 

楽しみがあるというのは日々の生活を送るうえでの励みになります。

ご自身の楽しみは何でしょうか? 考えてみると待ち遠しくなりますね。

結城 昌史「RUGBY NIWAKA DE GOMEN」

2019年10月15日

ラグビーをテレビ観戦ぐらいはしていたが、80分間まるまる、しかもスタンドで観戦するのは初めての“体験”でした。

観戦したテストマッチは、フランスVSアルゼンチン。

午後4時過ぎのキックオフではあるが、昼過ぎには新宿の京王線ホームには、両国のファンの熱量がすごいことになっていました。

電車の中のアナウンスも、スペイン語での案内もあり、インバウンドへの対応もしっかりしていると感心しました。

ラグビーと言えば、ビール!!

駅からスタンドまでの道のりでも、ほとんどのファンがビールを片手に持って歩いています。

両国の国歌斉唱。スポーツの際の国歌斉唱で一番さまになるのが、やはり「La Marseillaise(ラ・マルセイエーズ)」。

すぐ隣にいた、フランス人も本気で歌って(怒鳴って)います。「君が代」では、この盛り上がりは無いですね。

マッチも大熱戦で、フランスが勝利。

細かい反則などは、スタンドからは分からない場面もありましたが、大熱戦と大歓声で大満足の時間でした。

帰りがけももちろん、居酒屋でビール!

ほとんど、にわかファンで、チケットを購入したわけですが、大会前の盛り上がりに、他のチケットも購入しようかと思ってWEBサイトを見ていて、結構、空はあったのですが、開幕戦の日本の快進撃の後では、あっというまの売り切れに。失敗でした。

「四年に一度、いや、一生に一度」の体験でした。

総務榎家「水上バス」

2019年10月4日

夏の終わりの恒例「24時間テレビ」の会場が、今年から両国国技館になりましたね。
特に予定のなかった日曜日、ちょっと行ってみようと思いつきで両国まで行き、愕然。
中に入るための整理券に行列。整理券を受け取って、指定された時間に再度来てまた行列。
とのことだったので、あっさりあきらめて外の受付テントに募金を預け、
暑さと人混みから逃げるようにランチへ。

さて、午後どうしよう?とお店にあった観光客向けのパンフレットを眺めていると・・・

(※お写真お借りしました)

水上バス!松本零士先生デザインのあれ!乗ってみたかった!
ということで、その場でスマホから予約して(便利な時代ですね)乗ってきました。

浅草の待合所からはこんな景色↓ なんだか近未来的。

乗ったのは「ヒミコ」という船で、船内の窓側にテーブルと椅子が設置され、
ゆったりと外を眺められます。
船内にはバーカウンターがあり、お酒も買えます。

進んで行くと、さっきまでいた両国国技館が見えてきました。
そして、川沿いにず~~~~っと例の行列が・・・続く続くまだ続く・・・
こんな暑い中すごい情熱だなぁ。

川側からの聖路加タワーとレジデンス。

「ヒミコ」は外にデッキがなくガラス越しなので写真が難しかったです。

ふと思いついて、位置情報を取ってみました。
水の上にいる!

↑会社の近くを通り・・・

お台場が近づいてきました。


下から見上げるレインボーブリッジ。

おだいばビーチに到着。
なんだかあっという間でした!

お台場でかき氷を食べて帰路につきました。
水路から見る東京、楽しかったです。

https://www.suijobus.co.jp/

総務浜田「北海道物産展」

2019年9月27日

涼しくなってきましたね。皆様いかがお過ごしでしょうか。百貨店の回し者浜田です。
物産展は数あれど、私の心が最も沸き立つのは北海道物産展です。
何を買っても美味しい。今までの購入全てに後悔がない。冷凍や真空パックの商品もあるので長く楽しめる。
つまり最高です。
それでは北海道物産展を満喫した一連の流れを振り返ってみましょう…

まず、新聞の折り込み広告の中に北海道物産展のチラシを見つけた時からソワソワしっ放しです。
そして、北海道物産展に行く日を指折り数えてニヤニヤする日々が続きます。
前日ときたらもう、興奮が最高潮です。

当日が来ました!晴れ!ヤッターーーーーーーーーーーーーーーーー☆
私の足取りの弾むことといったら。道行く人々が皆北海道物産展を目指しているように感じ、仲間意識とライバル意識を同時に抱いてしまいます。
るんるん気分で駅まで歩いて、るんるんるん気分で電車に乗って、るんるんるんるん気分で電車を降りて、るんるんるんるんるん気分で百貨店まで歩いて、るんるんるんるんるんるん気分でエスカレータに乗って…
到着!!!!!「来たぜぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ」と心中で叫びます。(声には出ていないはずです)

まずは、全てのお店の全ての商品をチェックします。隅から隅まで練り歩き、人々の隙間から商品を覗き込みます。
次に、イートインコーナーで食べる物を決めます。物産展はわんこ蕎麦方式で試食させてくれるお店もあるので、結構お腹がいっぱいになってしまうのです。以前ラーメンとパフェを食べたときは、勧められた試食を断るという痛恨の限界が来てしまいました。そこで今回は泣く泣く味噌ラーメンを諦め、ルタオのパフェのみで我慢しました。空きっ腹に沁みるぜぇ…(当然お腹を減らして参戦したのです)

さぁ!試食です!片手にはお茶のペットボトルを装備します。(確実にのどが渇くので)
一巡目で目を付けたお店で商品を物色し、頭の中で買いたい物リストを作成します。ただし、試食を頂くことにより、リストに追加されたり順位が入れ替わったりします。
三巡目では、脳内で物欲(≒食欲)とお財布の壮絶な駆け引きが始まり、リストを完成させます。
四巡目、脳内麻薬が出っ放しのヤバい状態でお買い物です。大事なのは買う順番です。行列が長いお店、お目当てが冷凍食品や生モノのお店は後回しです。
買って、買って、買って…そして、お財布が空になります。

重くてかさばる戦利品を手に、帰途に着きます。「俺はやったぜ…」という充実感でいっぱいです。
せっかくなので戦利品の一部をご紹介いたします。今更無意味な見栄ですが、女子力の高い物を…

こちらは山ワサビの入ったドレッシングと、昆布の入ったマスタードです。ワインの飲み比べを提供しているお店で購入しました。商品の紹介写真では、上記のドレッシングがローストビーフらしき物にかかっていて、超絶美味しそうでした。

さて、北海道物産展は続きます。先月は新宿に参戦しました。来月は横浜で開催されるそうです。前回のテーマは魚(鮭とかお寿司とかを買いました)、今回のテーマは肉(ベーコン、ソーセージ、ステーキ弁当等を買いました)。では、次回は何にしましょうか…
幸せな悩みは続きます♪