MENU ▼
税理士法人ASSETS > 週間スタッフブログ
税理士法人ASSETS 私たちは、税務や会計業務、資産形成計画などをお客さまの状況やご相談内容に応じてきめ細かくサポートする専門家集団です。

新着情報

井藤 隼人「ウニ専門店」

2017年11月24日

井藤です。

早いものでもう4回目です。

 

今回は友人が飲食店を先週オープンしたので宣伝させていただきます。

 

UNIHOLIC (ウニホリック)

ウニ専門のバルです。

123

 

場所は六本木にあります。

 

メニューは生ウニ・パスタ・ウニご飯・ウニを使ったバニラアイスなどウニ尽くしです。

 

私も食べに行かせていただいたのですが、美味しいのはもちろんウニという食材だけでここまでメニューがあるのかととても楽しみました。

 

個人的に好きだったのは『生ウニ3種食べ比べ』です。

産地によって味と食感がこんなにも違うのかと楽しみました。

 

ランチ・ディナー・バータイムの長時間営業しているためぜひ宜しくお願いします。

 

井藤

江川 祐士「社員旅行リフレイン」

2017年11月16日

寒くなってまいりましたね。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

風邪を召されないようご自愛下さい。

 

 さてさて、紅葉も見納めになる前に再び行って参りました。

吹割りの滝
スタッフ1

優しく話し掛けてくれた、浮島観音堂のおばさんが忘れられなくてつい。

あとマイナスイオンですな。

ストレスの多い世の中ですから。

 

朝早くから行ったので現地はさほど混んでおらずゆっくり散策ができました。

滝見て浮島観音堂でお参りして、ぐるっと散策コースを一週。

比較的ゆったりと気持ち良く散策ができましたよ。

あとは、ひもかわうどんを食べて帰りました。

高速渋滞もほとんど無く、久しぶりに穏やかな休日を過ごすことができました。

 

 

宮澤 一輝「登山」

2017年11月10日

 

今年の夏から私の中で登山ブームが到来しております。

8/11(山の日)には、ご来光を拝みに一泊の富士登山。

雷雨により、9合目直前で断念。

 

① ②

 

お盆には地元に帰省し、隣町の坂戸山へ(標高634m)。

標高は低く、ちょっとしたハイキング。地元の小学生の女の子もひょいひょいと登って行く。

 

③

 

そして、先月は高尾山へ。

高尾山口駅から1号路で頂上へ。

リフトやケーブルカーには乗らず、山頂までの道のり。

下山は16時前。残暑が残る、東京とは思えない雰囲気がとても

居心地良く感じました。

 

④

⑤

佐藤 浩次「タイムカプセル その②」

2017年11月2日

実家の建替えによる引越し話がでてから、

やっと今週末に退去・取り壊しの日程が決まりました。

 

今週末に退去を控え、荷物はほぼ倉庫行きと自宅保管との区分ができたところなのですが、

取っておきたいものが二つ見つかりません。

バス釣りで使っていたフローターとベイトリールです。

それぞれ対で使う足ひれとロッドはあるのですが。

フローター(浮き輪のようなやつです)の方は経年劣化もあるので諦められるのですが、

ベイトリールの方は何としても見つけたいのです。

シマノのアンタレスというブランドで、当時3万円くらいしたような・・。

机の中から外の物置小屋までひっくり返しているのですが、未だ発見できません。

 

必死になって細かく机の中を探していると、引出の裏側になにか貼り付けてあるのが見えます。

何かと思い取り出すと預金通帳を入れるソフトケースに固い厚紙が入っていました。

ふと見ると・・・・旧札発見!!!(お宝発見の音楽が頭の中で鳴りました)

 

聖徳太子、伊東博文、岩倉具視。

お懐かしゅうございます!!

聖徳太子の1万円札は他の札より一回り大きく厚みもあり、

子供ながらにものすごい威厳を感じたのを憶えています。

 

子供の財力でよくぞ保存しておけたと当時の自分を称賛し、

それを見つけられた今の自分の運にも感謝です。

 20100128184843d89

それはそうと、引き続き残りの時間でアンタレスを捜索しなければ!

 

 

市橋 瞳「社員旅行2日目-ラフティングと滝、うどん-」

2017年10月20日

この記事を書くのは初めての市橋です。緊張してますがよろしくお願いします。

 浜手さんから引き継ぎましたので、先日行った社員旅行のお話をさせて頂きます。
後編は、ラフティングの様子と二日目のことについて。

 

まずラフティングです。
一日目の昼食後、ラフティング組はバスに乗ってフォレスト・ウォーターの出発地点へ。 

ほとんどがラフティング初心者でしたし、季節も夏は終わっていたので、どんなものなのか不安に思っていたのですが、
やってみると、すっごく楽しかったです。

 季節的に川の量が多くはなかったので、そんなに怖くはありませんでした。
むしろ自ら水に飛び込んだりして遊んだりしました。
崖から飛び込んだ時はさすがにびっくりしました・・。(飛び降りる前はめちゃくちゃ怖かったのですが、やってみると私はこれが一番楽しかったです。笑)

①
②⑤④③

ちなみにスーツを着ていたので濡れないかなと思っていたのですが、思いっきり濡れました。笑

個人的にはもっと川の流れが速い時にも入ってみたいなと思いました。

 

 二日目です。

まずは吹割りの滝を見に行きました。
地面が大きく割れ、そこから水が落ちていってました。目の前にすると結構な大きさに圧倒されます。自然の中はやっぱり気持ちが良いですね。

 

⑥

その後は酒蔵・譽國光さんでお酒の試飲をさせて頂きました。
お酒って飲み比べると違いが良くわかります。辛いものよりも甘いものが私としては好きでした。

⑦

お昼になると水澤亭さんで昼食です。名物の水沢うどんをいただきました。
初めて食べたのですが、瑞々しい感じのうどんでした。うどんのサラダもついていてうどん尽くしでした。どれも全部美味しかったです。

⑧

その後は上州物産館さんでお土産を購入し、帰路につきました。

最後の方は皆さんバスで寝ておられました。私もほとんど寝てしまいました。


2日間ともとても楽しく、刺激的な社員旅行でした。
私はまだ入社したばかりなので、皆さんともたくさん交流が出来てとても楽しかったです。

 また来年行くのが楽しみです。

 

 

 

 

浜手 千尋「社員旅行 前篇-BBQとぶどうとガラスと-」

2017年10月12日

秋も深まり、朝夕はめっくり冷え込むようになってまいりましたね。

そんな10月6日(金)、ASSETS社員はみなかみへと一泊二日の社員旅行に行ってまいりました!
前篇では、一日目の様子を書き綴ってみたいと思います。

朝、ASSETS社員は人形町集合組と草加駅集合組に分かれて、サロンバスへと乗り込みました。
まず向かうは、昼食会場の「原田農園」さんです。

バス車内では、私がバスガイド風にしてみたり、踊る大捜査線を流してみたり…
皆さんまだ元気な様子でした。

原田農園さんでは、昼食にBBQをいただきました。
BBQと言うより焼にk…ゲフンゲフン
昼食後ラフティングする人達はアルコールが呑めない為、皆でリンゴジュースを味わいました。
(とっても甘いのですが、後味すっきりなので飲みやすかったです!)
写真1

昼食を済ませた後、社員は2チームに分かれます。
ラフティング組とガラス工房見学組です。
私はガラス工房見学組でした。

バスは一旦、ラフティング組を山奥に運ぶべく、原田農園を離れます。
バスがガラス工房見学組を迎えにくるまでの間、我々はぶどう狩りを楽しみました。

ぶどうは3種類から選ぶことができたので、2種類のぶどうを狩って、夜にホテルで食べ比べをしました。
樹から切り離したぶどうは重く、落としたらどうにもならないそうなので、慎重に袋に入れて持ち帰りました。
写真2

ぶどう狩りを終えると、ラフティング組を運び終わったバスが戻ってきていたので、
バスに乗り込み、次に向かうは「月夜野びーどろパーク」さんです。

我々がバスにて月夜野びーどろパークへ向かっている途中に、雨がパラパラと降りだしました。
「ラフティング組は大丈夫だろうか?」と一抹の心配が頭をよぎりましたが、
そもそも川の水で濡れていたことでしょう。

月夜野びーどろパークでは、サンドブラスト体験をしました。
写真3
表面がツルツルのガラスにシールを貼り付けて、その上からガラス全体に砂を含んだ風をあてることで、
シールを貼っていた部分以外が曇りガラスになるというものです。
一緒にサンドブラストを行った人が、風を当てた時にカップの取っ手が外れてしまい、
シールを貼るところからやり直しというハプニングもありました。

月夜野びーどろパークを楽しんだ後、我々は一足先にホテルへ向かい、チェックインしました。
バスは、ラフティング組を迎えに行く為、再び山奥へ走り出すのでした。

今回宿泊した宿は「松乃井」さんという、温泉推しのお宿です。
温泉好きにはたまりません!
(勿論、チェックイン後、宴会後、翌朝と3回温泉に浸かりました!)
写真4

宴会ではビンゴ大会をしたり、カラオケをしました。
(何故か私だけリーチにもならないという悲しい事件もありました…)

カラオケでは、竹内さんがultra soulを歌いながらジャンプし
ASSETSの(ダンスは出来ない)修二と彰が登場し
新入社員の市橋さんが歌い始めると、ある一画の男性社員がノリノリで手を振りだし
(おそらく市橋さんのファンクラブメンバーなのでしょう。)
と、楽しい宴会となりました。

堀 さおり「片道3時間」

2017年10月5日

久しぶりのドライブです。南浦和から下道で3時間弱、秩父へ行ってきました。

 

1

まず向かったのは、創業91年の松本製パン。「手作りコッペパン」で有名なお店です。91年も作り続けているのですから、期待してしまいます。実は私、パン好きでして、朝は決まってパン食です。明日の朝食のためにぜひゲットしたい!

開いてますように・・・お店に近づいてきました。車なので一瞬で通り過ぎましたが、開いてた~!すぐにUターンして向かいました。

レトロな感じのお店です。中に入ってショーウィンドウを見ると、かろうじて5個残っていました。売切れたら閉店のお店です。よかった~残っていて。レーズン入りのコッペパンとクリームパンを購入。次のお客さんのために買占めはやめておきます。お店のお母さんは全部買ってほしそうでしたけど(笑)。

2

次の日の朝、いただきました。中はもちもちしていてやさしい味!とても美味しかった~。さすが91年。歴史を感じます。

さて、おなかもすいてきました。秩父と言えばお蕎麦。秩父神社近くの「手打そば 武蔵屋」に到着。こちらのお店も松本製パンに行く前は行列ができていましたが、到着した時間が中途半端だったのかすんなり入れました。

玄そばを厳選し独自の製法で甘皮をひき込んだ香り・味・栄養の最も高いひきたての「そば粉」を使用してつくられているようです。

3

いただきま~す!お蕎麦はつるつる、おつゆも好きな味でした。リピーター決定です。

最後に、今年の4月24日にオープンしたばかりの「西部秩父駅前温泉 祭の湯」へ。「温泉」と名の付く場所に行っておきながら温泉には入らなかったのですが、露天風呂をはじめ、高濃度人工炭酸泉やシルク湯、岩盤浴などがあるようです。次回のお楽しみにしておきます。

フードコートもあり、秩父ならではのグルメを味わうことができるお店が7店舗集まっています。秩父名物「わらじかつ丼」のお店もありました。さきほどお蕎麦を食べたばかりなので、さすがに食べませんでしたが。

秩父土産もたくさん並んでいました。どれにしようか迷って3周くらいして、秩父もちを買いました。お土産も買ったことですし、また3時間弱かけて下道で帰ります。

 

宮田 義紀「25年ぶり」

2017年9月28日

先日遅めの夏休みを利用して京都旅行を楽しんできました。

京都を旅するのは中学生の時の修学旅行以来ですので約25年ぶりとなります。

 

やはり京都観光で外せないスポットの一つはやっぱり金閣寺こと鹿苑寺。

京都到着後最初の目的地としました。

9月の平日に行ったのですがすごい人・人でした…

時期的に観光客も修学旅行生も少ないかと思っていたのですが…

修学旅行生はもちろん外国人の観光客が半分以上を占めていました。

途中でソフトクリームを買ったのですが売店に店員の方は何か国語も使い分けて

対応されていました。

 

25年ぶりの金閣寺は本当にキンキンでした。

当日は天気が良かったこともあり本当に眩い金色でした。

そして、金閣寺は周辺の庭園も素敵でしたね。日本庭園をお散歩して楽しめます。

金閣寺

金閣寺以外ではCMで有名な龍安寺の石庭、天龍寺を、別日にて清水寺

吉川英治の『宮本武蔵』で、武蔵と吉岡伝七郎が決闘する場所として有名な三十三間堂

を回ってきました。

清水寺だけが修復中ということで少し残念でしたね。

龍安寺 石庭

大阪にも足をのばしUSJを1日楽しみ道頓堀でおいしい串カツも食べ充実した夏休みを過ごすことができました。

道頓堀

次は伊勢のほうに行きたいと思っていますがいつになるか…計画だけは立てておきます。

 

村松 直哉「ぼくなつ」

2017年9月21日

好きな季節は夏です。冬生まれ村松です。
今年も夏は家でじっとしていられず、リュックを持って外へ飛び出していました。
※虫を採りに行ったわけではありません。
あ、る○ぶ忘れた。まあいいや。

1-2

2-2

香港とマカオへ。マカオにもエッフェル塔がありました。
香港はイギリス、マカオはポルトガルとそれぞれ中華と西洋の文化が折衷しており、
駅やバス停の表記から、街並みからそれを色濃く感じました。

次はこれ、UltraJapan初参戦。台風も参戦してきましたが。

3-3

世に言うパーティピーポーのお祭りですが、
とにかく海外のアーティストが多数来日するので洋楽好きにとってもたまらないイベントであります。
案の定、帰宅後趣味の音楽収集が始まりました。
音楽をより身近に聴けるようになりましたが、生で聴く音楽がやっぱり最高。ただただ感動していました。

旅もライブも楽しみ方は人それぞれ。
非日常を体験したい方にはどちらもオススメです。

二瓶 公介「お土産に蜂蜜」

2017年9月14日

こんにちは。

8月に実家の新潟に帰省した際に、事務所へ実家で採れた蜂蜜をお土産にしたところ、好評でした。
(キイチゴやベリー、果樹等が植えてあるせいか、ほのかに柑橘系の甘みのする蜂蜜です)

私の実家は家の近くに畑があり、家族が趣味で畑仕事をするのが好きで、
帰省した際は少しお手伝いをして、夕飯に取れたての枝豆やなす、きゅうりなどの野菜を美味しくいただきます。
(帰る度に果樹が増えていたり、養蜂したり、味噌作ったりと、趣味の域を超えている様な気が若干しますが)

170504_161549
写真は、5月に畑仕事のお手伝いをした後の休憩風景。祖母とお隣の畑の方とお茶会です。
(天気のいい季節にする農作業の後のお茶と漬物は美味しいです)